交通事故治療ブログ | 岡山の交通事故専門治療ならついてるケアグループにお任せ!

岡山市 交通事故のケガの治療

2018年09月16日

【交通事故治療の期間】
交通事故治療の期間は、症状によっておおよその治療期間があります。
どれくらいの期間で治るのかを把握しておくと、治療の兆しが見えるようで安心しますよね。

交通事故治療の期間というのは、保険会社や医師、被害者が治療を終了したと判断した時までの期間を指します。
治療期間を決めるのは医師のイメージがあると思いますが、実際には保険会社が治療の売り切りを判断することにより、治療終了となる場合が大半となっています。

交通事故治療の期間の目安を、症状ごとにご紹介していきます。

・むちうち
早ければ3か月ほど、長い場合は6か月ほどかかる場合もあります。

・捻挫や打撲
早ければ3か月ほど、長い場合は6か月ほどかかる場合もあります。

・骨折
骨折の症状によりことなりますが、完全改善までには6か月ほどかかる場合が大半です。

・脳挫傷、頭がい骨骨折などの重傷の場合
脳挫傷や頭がい骨骨折などの重度な症状の場合は、個人差はありますがおよそ1年~2年ほどかかるでしょう。

このように、どのケガや症状も3カ月~2年ほどかかります。
完治させるには短期間での治療とはなりませんので、長くじっくり治療をしていく必要性があります。

【交通事故治療は打ち切られてしまうこともある】
交通事故の治療費の打ち切りとは、保険会社が独自に判断をしれ治療費の立て替え払いを打ち切ってしまうことです。

交通事故の治療費の支払いというのは、本来交通事故の被害者と治療先の契約に基づいて支払うものです。
そのため、加害者側の保険屋さんが立て替えて支払う義務はないということになります。
現状としては、実としては加害者側の保険屋さんが治療費を支払う流れが大半であり、被害者は支払いをしないのが一般的なケースです。
しかし、治療の期間が長くなってしまうと、膨大な治療費となってしまいます。
あまりにも膨大な治療費となってしまうと、保険会社の勝手な判断によって治療費の立て替え払いを打ち切りにされてしまう場合があります。

ある程度の一定の期間が経つと、保険会社から「治療の開始から〇カ月が経っているので、そろそろ治療は打ち切らせてもらいたいのですが」と、期間で判断されて支払いの打ち切りに持っていこうとする場合があります。

もちろん、やみくもに交通事故治療費の支払いを打ち切るのではなく、このような判断をされた時に治療終了と判断されます。

・完治
完治というのは、文字通り症状が回復したと判断された状態です。

・症状固定
ケガなどの症状が、これ以上治療しても回復の見込みがないと判断された状態です。

保険会社が治療費の打ち切りへと考えさせないためには、これらの2つの場合に該当しないようにすることが条件となります。
中には強引に治療費打ち切りへともっていく保険会社もあり、被害者の症状とはかみ合わない打ちきりとなってしまう場合もあります。
症状が改善していなく治療費打ち切りに納得できない場合は、これらの2つの状態ではないということを主張することが大事となります。

【治療費が打ち切られてしまった場合の対処方法】
もしも治療費を打ち切られてしまった場合、これらのポイントを把握して対処すると良いでしょう。

・治療を止めなければいけないわけではない
治療費の支払いの打ち切りを言われても、治療を止めないといけないわけではありません。
治療費の支払いを保険会社側が立て替え払いを打ち切るだけであり、治療自体の拘束はありません。
打ち切られるのは支払いであり、治療そのものには全くの影響はありません。

・保険会社と交渉をする
医師から治療を続けるべきと言われた場合は、治療を続けるべきといえます。
ただし治療費の支払いに問題が出ますので、まずは保険会社と交渉しましょう。
保険会社は、完治や症状固定を理由にして治療費の建て替えの打ち切りを打診してきます。
治療費の支払いを継続してらうためには、医師の見解を伝えて治療の継続が必要なのだということを説明して納得させましょう。
具体的な治療期間などを示すことで、保険屋さんが納得してくれることもありますが。
場合によっては医師から保険会社に電話でお話ししてくれる場合もありますので、医師に相談をしてみると良いでしょう。

・治療費の後日請求
交通事故の治療費は、健康保険を使って支払いができる場合もあります。
治療費打ち切りで支払ってもらえない場合は、とりあえず立て替えて健康保険で支払っておきましょう。
そして、自分で支払った治療費の領収書を保管しておき、後日示談交渉にて請求しましょう。

・医師が症状固定とした場合
医師が症状固定と判断した場合は、後遺障害等認定の手続きにより賠償請求ができます。
医師に後遺障害診断書を作成してもらい、後遺障害等認定の手続きを行いましょう。

【交通事故のケガの治療は整骨院や接骨院でも可能】
病院での治療を打ち切られてしまい費用の支払いに困ってしまった場合は、整骨院や接骨院でも治療を受けることができます。
健康保険での治療を受けることができる場合もあり、少ない費用で治療を受けることができます。

交通事故のケガは整骨院や接骨院の得意分野ですので、理想的な改善へとみちびくことができます。
整骨院や接骨院では、このようなケガの治療が可能です。

・腰痛
・むちうち
・骨折
・打撲
・捻挫
・椎間板ヘルニア
・ストレートネック
・坐骨神経痛

など、交通事故のケガ全般の治療が可能です。

治療方法は、このような方法を行っていきます。

・骨盤矯正
・針治療
・お灸治療
・電気治療
・温熱治療
・テーピング治療
・コルセット治療

このような治療を行っていき、痛くない治療ですので誰でも安心して治療を受けることができます。

病院では内服薬や湿布などでのケアが一般的ですが、整骨院や接骨院では症状が出ている部分に直接施術していくので、高い改善が期待できます。
短期間での治療で改善できたというケースも多いので、長く辛かった症状を一気に改善へとみちびくこともできます。
治療費支払いの打ち切りで困ってしまった場合は、整骨院や接骨院でも治療を検討してみるとよいでしょう。

岡山市 交通事故のケガの治療なら、「ついてるケア整骨院グループ」にお任せください。