交通事故治療ブログ | 岡山の交通事故専門治療ならついてるケアグループにお任せ!

交通事故に遭ってしまった時にどうすれば良いか②

2017年11月16日

皆様こんにちは。

ついてるケアグループの岡山市北区今村にある「ついてる整骨院」です。

前回に引き続き、「交通事故に遭ってしまった時にどうすれば良いか」

ということをお伝えしていきます。

前回の記事はこちらから ↓

交通事故に遭ってしまった時にどうすれば良いか①

今回は、交通事故に遭った時に確認する内容についてお伝えしていきます。

交通事故に遭った時、大半の人は気が動転していて冷静な判断が出来ないと思います。

まずは ”冷静” になってください。

そして、以下の事柄を確認して下さい。

・負傷者の救護

自分が加害者であれ、被害者であれ大事なことです。

人命救助を第一に考えましょう。

警察、救急に連絡はもちろんのこと、応急処置までできれば完璧です。

・道路における危険防止の措置

道路上での二次的、三次的な事故を防ぐために必要です。

事故車の移動、路上の散乱物の除去、標識の設置などを行う必要があります。

ただし、事故現場の証拠として必要になる可能性もありますので

移動、除去前に写真を撮っておくことも重要です。

・警察への届け出

これは必ず行ってください。

程度が軽い事故や、速度の遅い車同士の衝突でも

後になってむちうちなどの後遺症がでることはあります。

警察への届け出がないと、事故によることを

証明できなければ自動車保険は使えません。

任意の自動車保険に加入している場合、

保険会社にも早めに報告をしてください。

(事故後60日以内に通知しないと、保険金が支払われない場合もあります。

お気を付けください)

また、上記以外にも事故の目撃者がいた場合、

必ず警察の実況見分に立ち会ってもらえるか頼んで下さい。

利害関係のない第三者の意見は警察にとって信頼が高いです。

なぜ、警察を呼ぶのか?

これは道交法72条1項に定められた義務だからです。違反すると罰則もあります。

単純に法律で決まっているからだけではありません。

自賠責保険で治療を行うためには必要な書類があります。

その一つが「交通事故証明書」です。

交通事故証明書ですが、交通事故が発生したことを証明するものです。

自動車保険の請求、示談交渉などに必要な書類になります。

今回は交通事故に遭った直後に行っていただくことをお伝えしました。

次回も直後に行っていただくことをお伝えしていきます。

交通事故に遭った時は是非、当グループをお尋ねください。

https://tsuiteru49.jp/jiko


ついてる整骨院外観.pngついてる整骨院

電話:086-246-6626

住所:岡山県岡山市北区今村650-103

簡単ネット予約【24時間受付】

https://www.ekiten.jp/shop_6030383/